FX戦略を練る前に!?
証券に詳しくなれ!

証券保管振替機構

証券保管振替機構は、ほふり、とも呼ばれており、株式などの有価証券を保管し、振替を行うことによって、その受け渡しを簡単にするために制定されている期間になります。

例えば株券などを購入した際には、株券そのものを投資家には受け渡しはせず、証券保管振替機構に預けられているその株券の権利の割り振りを変えるものになります。
この事により、預けられている株式は決済日や株式の配当の権利確定日などまでに、ほふりの名義に書き換えられることになります。

しかしこの名義の書き換えは、あくまで名義だけのものになり、その実質の株主はその株券に投資をして購入をした投資家本人のものとなるために、株券の配当金や株主分割などの権利は変わることなく、わたしたち投資家が得る事ができるのです。

この証券保管振替機構は、株券などの管理を簡易化するために制定されたもので保管振替制度に基づいて、それぞれの株券に対して、その株主は誰であるのかという情報を一手に集めてこれを管理しているのです。

この事により、株主は株券を証券保管振替機構に管理してもらい、また企業は証券保管振替機構から実際に株券の権利を持っている実質株主名簿を提供されることになり、これをもって企業の株主の状態を把握し、配当金の分配や株主総会の開催などに利用しています。

2009年に企業の株券の発行が原則的に行われなくなり、電子化になったことにより、証券保管振替機構の株券の保管による投資家へのメリットは少なくなりましたが、株券がまだ紙媒体だった頃には、高い資産性を持っていた株券は盗難の対象になったり、またうっかり紛失してしまったり、火事に遭って消失してしまうことがありました。
株券が偽造されてしまいいつの間にか名義が書き換えられてしまうなどという事が多かったために、こうした証券保管振替機構を利用することには大きな利点があったのです。

また、株券を証券会社などに預ける方法もありましたが、こうした事には保管手数料が必要であったり、また株の売買などをした際には、その都度、株券の名義を書き換えなくてはならず、そうした面倒も証券保管振替機構に株券を預けていれば無料で行ってくれるために、利便性がとても高かったのです。

このほかには、売買取引が成立した際にも、実際の株券の受け渡しが不要になり、企業などが合併したり企業再編などで株式を交換するなどが起きた場合にhも、株券を起業に提出するという手間がかからなく済み、株を発行している企業側にも、株券の発行にかかる印刷代や印紙代、株券を株主に発送するコストなどを大幅に削減することができるなどの利点がありました。