FX戦略を練る前に!?
証券に詳しくなれ!

証券会社

証券会社は、わたしたちが様々な有価証券や投資信託などに投資を行う際に、その売買の取次などを行う企業になります。

証券を取り扱う証券会社は、金融商品取引法に規定されている金融取引業者で、第一種金融商品取引業として、金融庁の長官の登録を受けなくては業務が営めないことになっており、全国規模の大きな証券会社は金融庁が行政所管として担当をしており、そのほかの証券会社は、財務省の地方財務局が金融庁長官からの委任で行政管轄を置いているのです。

このような、厳格な取り決めと監察を受けながら業務を執り行っている証券会社ですが、その仕事は大きく分けて四つの業務に分けられています。

まず一つ目は委託売買業務となり、これはブローカー業務とも呼ばれているものになります。
ここでの委託とは、わたしたち投資家が株式や債券の売買を行う際に、その注文を受託しそれを株式市場などがある証券取引所に伝えて取引を成立させる仕事になります。
このようにして投資家からの注文を証券所に流す仲介業務を行うことで、投資家からはこの仲介の対価として手数料を取っていて、この手数料が証券会社にとっての利益になり、また証券会社の中でも大きな利益を出す本業ともいえる仕事になります。

二つ目は自己売買業務となり、これはディーラー業務とも呼ばれている業務内容になります。
この自己売買業務では、一つ目の委託売買業務とは違い、証券会社自体が証券取引所にて売買取引を行って利益を上げるというものになります。
このように、証券会社が証券取引を行うことによって、そこから収益を得るのと同時に、市場に参加することで活性化をはかっており、これにより売買取り引きを成立しやすくするように働きかけています。

三つ目は引き受け及び売り出し業務というもので、これはアンダーライター業務とも呼ばれています。
引き受け及び売り出しの業務は、企業や国などが株式や債券を新しく発行する際に、これを一時的に引き受けし、その全部や一部を買い取り、これに対して発行や募集の手続きを行い、わたしたち投資家に対して販売するものになります。
またすでに発行されている株券や債券に対してもこれを引き受けて販売することも業務の一つとなっています。

四つ目は募集、売り出しの取り扱い業務になり、これはセリング業務と言われ新たに発行された株式を一時的に預かり、わたしたち投資家に販売をする仕事になります。
引き受け及び売り出し業務と違う部分として、こちらの募集売出し取扱業務の場合には、引き受けて販売を行い売れ残った証券を買い取る必要がない業務のため、これを返却することも可能となっています。